メラミン化粧板のテーブル天板とは

更新日:
メラミン化粧板とは?素材の特徴と種類を解説!

メラミン化粧板とは何でしょうか。身近に感じにくい言葉かもしれませんが、実はとても多くの家具に使われている建材です。主にレストランやオフィスのテーブル天板や、椅子の座面などに使用されています。また、その家具は木製と思われているかもしれません。そんなメラミン化粧板の特徴や種類をご紹介します。

目次

メラミン化粧板とは

各層の役割

メラミン化粧板は、紙と樹脂でできたプラスチック板です。使用されるメラミン樹脂とフェノール樹脂は熱硬化性樹脂と呼ばれ、通常は液体ですが、熱を加えると硬化する性質を持ちます。これらの樹脂を含侵させた(染み込ませる事)紙を何層か重ね、高温、高圧でプレスすると1mm厚程のメラミン化粧板になります。

各層の役割

最上層部は、特殊な紙にメラミン樹脂が含侵されています。プレスすると無色透明な硬い保護層になります。2層目は、色や柄を印刷した紙にメラミン樹脂を含侵させたもので、色彩や木目などを表現します。3層目以降は、クラフト紙にフェノール樹脂が含侵されています。コア層と呼ばれる部分で、強度と寸法保持の役目を果たします。

メラミン化粧板の誕生

メラミン化粧板の誕生

メラミン化粧板が発明される前は、フェノール樹脂の化粧板が使用されていました。フェノール樹脂は黄色味を帯びているため、当時の化粧板はキャラメルブラウン色しかありませんでした。

1936年、ウィリアム・タルボット氏がメラミン樹脂を発明。そして1938年、アメリカformica社のダニエル・オコナー氏がメラミン化粧板の開発に成功し、色鮮やかな表現を施された化粧板が可能になりました。

メラミン化粧板は第二次世界大戦が終結した1940年代後半から、アメリカで瞬く間に広がり、今日では、世界中のテーブル天板やカウンタートップ、キャビネットなどに使用されています。

日本のメラミン化粧板

日本では戦後、住友ベークライト株式会社がメラミン化粧板の工業化を成功させました。当時、メラミン樹脂は文献に乏しく、顔料の種類が少ないなど、非常に困難な開発であったそうです。1951年ごろに販売されたデコラ(Decola)は、その後、メラミン化粧板の代名詞とも言われました。

今日では、アイカ工業株式会社やイビケン株式会社、日本デコラックス株式会社など、様々な会社からメラミン化粧板が販売されています。

メラミン化粧板のメリット

メラミン化粧板のメリット

硬質なため傷が付きにくく、熱や水にも強い、大変丈夫であるという特徴を持ちます。汚れは付きにくく、拭き取りが容易な点も大きなメリット。大量生産されるため、品質は均一で安価です。

また、メラミン化粧板を使用した天板は、天然木や大理石の天板より軽量です。メラミン化粧板は薄いため、厚みのある芯材に化粧板を貼り付けて天板を作ります。その芯材に軽量な素材を使えるためです。

表面は、多種多様なカラーや本物と見間違える程の木目調など、バリエーション豊かな表現があります。保護層は、塗装ではないので剝がれにくいという利点も。また、光沢のあるタイプは美しく艶やかです。抗ウイルスや指紋レスなど、機能性化粧板もあります。

メラミン化粧板のデメリット

メラミン化粧板のデメリット

メラミン化粧板と天然の木や大理石の天板を比べると、自然な素材感では劣ります。ですが、昨今では技術も進み、ぱっと見た分には違いが分からないこともあります。また、メラミン化粧板は木の天板などに比べ、環境への負荷が大きいと言われることがあります。

しかし、メラミン化粧板は紙と樹脂で作られており、その組成の50~70%は植物由来です。そのため、生物由来の資源(バイオマス)を利用しているとして、バイオマスマークを取得した製品は数多くあり、石油系プラスチックのみの製品と比べ、環境への負荷が少ない製品と言えます。

機能性メラミン化粧板

メラミン化粧板の主な種類

メラミン化粧板の呼び名

日本ではメラミン化粧板が一般的ですが、海外では高圧ラミネート(HPL)と呼ばれています。輸入品がラミネート天板と表現される場合があります。またメーカー名やブランド名が定着し、アメリカではFormaica(フォーマイカ)、カナダではArborite(アーボライト)、日本ではデコラと呼ばれることもあります。

メラミン以外の化粧板

天然の木を薄く削りだした「突板」を使用した化粧板も存在します。突板を別の厚みのある板(合板)の表面に圧着して作られます。表面は自然の木そのものが使用されているため、一つ一つで表情が異なります。

関連ページ:突板とは?特徴や種類を解説